忍者ブログ
FF11のメモ帳みたいなものです
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[12/02 G]
[11/17 くら]
[11/07 なばく]
[07/10 G]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ティガー その2

戦/忍 モ/忍 踊/忍 詩/忍 赤/白 白/黒
暗/忍 モ/忍 コ/白 詩/忍 赤/暗 白/白
ナ/忍 白/暗 赤/暗 黒/白 シ/白 詩/白(黒シ詩踊は2垢) の、フルアラ

・特徴は以前の記事を参考に
・repでは1戦5分ちょいになってるけど、後半では1戦4分弱で倒してます
・戦闘位置は、???付近のちょっとした段差でカベにできるところ
・repはこちら

前衛
・まずは蝉。蝉を回してタゲもまわす、みたいな感じ。バーサクやかまえる、暗黒などの防御が危険なアビは使わない。トゥールビヨンで普通でも1000以上くらってしまうため、上記アビとか使ってしまうと即死の可能性が高まる
・中央付近の段差のカベを背に、タゲ取ってない人でも蝉3枚は確保しておきつつ削ること
・今回ナイトがいるけど、この位置で戦闘しつつ後衛が最上段にいてフルミネーションがくらうかくらわないか確認したかったため、もしくらったら危険なので保険に入れてみた。最上段の後衛にはフルミネーションが落ちなかったので、もうナイトは不要ぽい
・直接殴り、タゲとる前衛は多くても4名くらいまでとしておいたほうがいいかも。タゲとらない前衛ならいくら殴っても別にいい・・・かもしれない
・踊り子はヘイストサンバ、ボックスステップ。ダメージくらったときの即回復ワルツ

詩人・コルセア
・詩人やコルセアはHPをがっつり多めに確保しておいて、土杖をもって歌をかけに行く
・蝉も3枚ある状態をキープしつつ、かけにいくこと。トゥールビヨンで即死の可能性あり
・詩人2名で、2ptへ移動して歌をかけにいく。1名マチマチ、1名マドメヌ(命中に自信があるならメヌメヌでもOK)。詩人は意思の疎通をしつつやったほうがいい
・エレジーはきかないので、味方歌ONLY
・コルセアはルザフリングを持って、トゥールビヨン範囲外からのロールをかける
・コルセアはサポ白で当然状態異常やケアルもすること。ディア効果うpのためにライトショットも○

赤・白
・スロウは完全無効。パラは白/黒が印を使って回すこと。2名れば大体まわるんじゃないでしょうか。回らない場合はしなくてもまぁいいかも。けどたいかんwで1割くらい麻痺してたような気がしないでもない
・前衛へのヘイストは白のみで行う。赤/白がいるならそれでもいいけど、赤/暗はスタンのほうが重要なのであまり仕事を多くさせない
・ディア3があればやってもらう
・あとはひたすらケアル。とくにトゥールビヨンをくらうととても痛いため、ケアル待機くらいでもいいくらい
・フルミネーションをとめれなかったときには即パラナとケアルをすること
・ケアルは被っても、過剰になってもかまわないのでとにかく前衛を死なせないこと

感想
・ティガーも4分討伐ができたので大満足なかんじ。後衛がフルミ落とされない位置も確認できたし、かなりぬるくなったイメージ。今回狩を投入しようとおもってたんだけど当日になって無理だということでどんなものか見てみたかっただけに残念。次回に期待しよう。
・ちなみに羽上げトゥールビヨンは、合計3回スタンでとめると羽たたみます。スタナーは、周りの状況をみて「こりゃあぶねーなー」とおもったらスタンで1回とめてあげるといいかもしれない。
・ドレッドストーム=トゥールビヨン > フルミネーション くらいのとめ易さ
・なんでもそうだけどイメージ通りに事が運ぶととてもうれしい。花鳥で時間がかかるNMは実質@2匹になりもうした。ノスフェラトゥ6分半と、アームドギア8-10分。次からはティンニンコースなので、ギアを何とかするべく考えよう。。。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne