忍者ブログ
FF11のメモ帳みたいなものです
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[12/02 G]
[11/17 くら]
[11/07 なばく]
[07/10 G]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Agrios(狩人タイプ)

ラヴォール8領NMのうちの1体
赤/忍 シ/白(トレハンのみ)
戦闘位置はすぐのところが川なので安心してやれる
戦闘時間約60分

特徴
・HP約22000
・ギガース族・狩人タイプ
・WSが1回くると連続して数回WSを行う。パワーアタック・グランドスラム・カタパルト。HPが2割以下くらいになるとその中にドンティングハールも行う
・ダブルアタックあり
・足はPCと同等かちょい早いくらい
・スロウ ポイズン バイオしかきかない

WS
・パワーアタック 単体攻撃 蝉1枚消費
・グランドスラム 範囲物理ダメージ 蝉複数枚
・カタパルト 遠隔単体攻撃 蝉1枚消費
・ドンティングハール 遠隔単体攻撃 追加テラー

戦い方
・スロウを入れておけば蝉は回ります。ヘイスト リフレシュ プロシェル スキン ファラをかけて蝉をしっかり回すこと
・バイオとポイズンをいれて、MPに余裕があるときだけ精霊をうちこむ
・1度WSをすると、連続して数回WSを続ける。同じWSじゃなく、色んなWSをおりまぜて使ってくる
・WSがきたら一旦離れて距離をとっておけば2度目のWS以降は不発か、楽に回避できる
・WSが終わったらまた接近して蝉回し

感想
・WSを不発にしてさえしてしまえば弱いです。通常攻撃はスキンでも2,3発は十分吸収できる量なのでスキンは切れたらかけなおすくらいでおk
・ドロップ品のスパースだけど、なんとも惜しい性能。D値さえ90台なら最終装備のひとつとして考えられてただろうに、ほんとに惜しい。。。(よくわかてないけど武器ランク的な意味で)でも両手斧はやっぱりペ斧のみしか考えられないんだろうなぁとおもうと選び甲斐がなくてちょっと寂しい。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne